ゼニカル 個人輸入

ゼニカルの個人輸入を使いこなす秘訣

ゼニカルは日本でも安定した効果を得られるダイエットピルということで、とても人気があると言えるでしょう。

 

ただ難点をいうと、気軽に購入できるものではないということです。

 

ゼニカルの入手方法としては病院で処方をしてもらう、個人輸入で購入をするという二つになります。

 

病院で処方をしてもらう場合、美容外科で処方をしてもらうというのがほとんどになるかと思いますが、その場合自由診療の枠にはいってしまうため、費用が比較的高額になってしまいます。

 

そのため、ある程度継続をして飲みたい場合は個人輸入がおすすめとなります。

 

個人輸入とはどういったものか、簡単に説明をしていきましょう。

 

海外の通販サイトなどから直接購入をすることになります。

 

医薬品などの場合は、個人が使う一カ月程度の量までなら購入をすることができますし、税金もほとんどかかりません。

 

日本では購入をすることができないものが購入できますし、とても安く買えるというメリットがあるのが個人輸入なのです。

 

その反面ゼニカルなどを個人輸入する場合、デメリットもあったりします。

 

基本的に個人輸入は英語力などをある程度要しますし、送料や手数料、クレジットカードについてなど、細かい点に不安がつきものとなります。

 

また国によっては、日本への発送は行っていないということもありますので、個人輸入をする際は注意が必要となります。

 

さらに、探し出したサイトが、安心して購入ができるサイトか、クレジットカードを使っても大丈夫か?というのを海外サイトの場合情報も探せませんので、不安になってしまうのです。

 

そういった場合は、個人輸入代行サイトを利用するとよいかと思います。

 

簡単に注文ができますし、手数料を払えばほとんど普通の通販やオークションをするような感覚で利用ができるのです。

 

いずれなれてくれば個人輸入を自分出するのもよいと思いますが、まずは代行サイトで購入をしていくのがよいでしょう。

 

>>ゼニカルの詳細はこちら<<