ゼニカルの禁忌

ゼニカルの禁忌の注意事項をチェック

ゼニカルの服用方法として禁忌とされているのは、過剰な摂取です。一度に2錠以上服用してしまうことなどは避けてください。

ゼニカルは、摂取した食物の脂肪を体内へ吸収することを阻害することにより、そのまま体外へ排泄させる、新しいタイプの肥満治療薬なのです。

ゼニカルの主成分は、オルリスタットです。

この成分は多く摂取しても効き目は変わりません。食べた脂肪分の30%を排出効果は、服用する量では変わらないのです。

通常、脂肪は、肝臓より分泌された胆汁のリパーゼ酵素により分解され、腸で吸収されるようになっています。

リパーゼは脂肪を腸から吸収し易くするために細分化する消化液として機能しているのです。

ゼニカルは、このリパーゼの作用を阻害する働きがあります。すると、脂肪は分解されずそのまま腸を素通りし、便として排泄されます。

つまり、ゼニカルは脂肪吸収阻害剤なのです。

ゼニカルの主な副作用には、下痢、ビタミン不足、胃部膨満感などがあります。

ビタミン不足に関しては、脂分に溶けるタイプのビタミンがあるため起こります。

水溶性のビタミン問題なく吸収されるのですが、脂に溶けるタイプのビタミンが、ゼニカルによって脂肪分と共に排出されてしまうのです。

これは、朝と昼にはビタミン類を多く取り、脂分の多くなりがちな夜だけにゼニカルを服用する、というような方法で解決できます。

持病、アレルギーのある方や服用中の薬のある方が服用する場合は、必ず医師に相談するようにしましょう。

そして、妊娠中の方、妊娠の可能性のある方も、必ず医師に相談してください。

基本的に服用が禁忌とされる方は、本剤に対し過敏症のある方、活性物質や添加物に過敏症のある方、シクロスポリンとの併用を同時に行う方、慢性吸収不良症候群の方、胆汁分泌停止のある方、妊婦の方、又は妊娠している可能性のある方、授乳中の方、ワルファリン等、経口抗凝血剤を使用している方、熱帯性スプルー症の方、特発性脂肪便症の方、必須栄養分の吸収力が必要量より低い方です。

>>ゼニカルの詳細はこちら<<

参考サイト

リデュース個人輸入
食欲抑制剤で正しくキレイに痩せるための方法について詳しく説明しています